フリマアプリ(メルカリ、ラクマ)で月88万円売れた理由を考察

2021年3月23日

スマートフォン

こんにちは、Kazuです。

 

2021年1月の

メルカリとラクマの売上の合計が

88万円強となりました。

これが多いのか少ないのかは

何とも言えないところですが、

少しでも参考になる方がいるかもと思い

記事にしてみることにしました。

 

フリマアプリの売上を増やしてみたいと

思っている方は

一度読んでみてください。

 

Kazuのフリマアプリ現状

最初に私の状況を簡単にお伝えします。

評価数

メルカリ:1,700以上

ラクマ:400以上

扱っている商品

平均単価1万円以上

 

フリマアプリがメインではありませんが

かれこれ数年間、取り組んできました。

スポンサーリンク

フリマアプリで月88万円売った時にやったこと

それではここから

私がフリマアプリで売上をアップさせるために

やったことをお伝えします。

それは大きく3つあります。

1.出品数を増やす

2.回遊性を高める

3.上位表示させる

それぞれ詳しくみていきますね。

 

1:出品数を増やす

私は80商品ほど出品していましたが

その程度の品数までは

出品数と売り上げは比例していました。

(これが数百となると変わる可能性はあります)

 

出品数を増やすと

ユーザーが商品検索をした際に

表示される確率が上がります。

コンバージョンレート(見られたときに売れる確率)が

変わらないとすれば

見られる回数が上がるほど

売れやすくなりますので、

商品数を増やして

ショップの入口を増やすことが

大事だと思います。

 

また、出品数を増やしておくことで

「2.」「3.」の効果を

高めることができます。

 

2.回遊性を高める

ユーザーが検索などである商品にたどり着いたとき

他の商品も見てもらいやすくすることを

回遊性を高めると定義しています。

 

フリマアプリとしては

商品ページ内の

出品者アイコンをタップすると

現在出品している商品一覧が表示されます。

ユーザーがクリックすることを

期待して待っていても良いのですが

こちらから他の商品を見てもらうよう促すことで

回遊性を高めます。

 

オンラインのショッピングモールなどを見ていても

「関連商品はこちら」とか

「現在売れている商品はこちら」とか

誘導がありますよね。

あれと同じことを

フリマアプリでやるんです。

 

フリマアプリ自体にその機能は無いので

「ハッシュタグ」を使います。

ハッシュタグとは

「#」を先頭に付けた任意の文字列です。

例えば「#財布」と説明文に書いた場合、

その#財布をタップすると

#財布が説明文に書かれた

全ての商品が表示されます。

 

この仕組みを利用して

ABCというショップを運営している場合

「#ABC_recommend」というハッシュタグを

おすすめ商品の説明文に書いておくことで、

ユーザーを他の商品に誘導することができます。

「#ABC_wallet」「#ABC_bag」のように

種類ごとにタグを作ってもいいですね。

なお「#ABC_財布」のように日本語も使えます。

 

3.上位表示させる

経験上ですが

出品してから日数が経てば経つほど

売れづらくなります。

正確には閲覧数が減っていきます。

これは

メルカリの検索結果表示が新着順であり

他の出品者の商品に埋もれてしまっていることが

原因でしょう。

 

では出品から時間がたった商品は

諦めるしかないのかというと

そうではありません。

フリマアプリの公式情報として

出ているかは分かりませんが

出品して時間が経った商品を

新着順の一番上に表示させることが可能です。

 

方法は単純、商品を値下げすることです。

上位表示させるための値下げ額は

商品によって違うと思いますので

実際に試してみてください。

タイムラグがあるようなので

少し待って検索してみてください。

 

さいごに

この記事では

フリマアプリでの販売のコツを

お伝えしました。

何はともあれ出品数です。

まずは50品程度出品して

ハッシュタグや値下げ上位表示を

試してみてください。

 

それでは!

  • この記事を書いた人
Kazu

Kazu

9年間住んだ関東(東京/神奈川)から福岡県福津市に移住、Jターンしました。オンライン物販の会社を経営(5期目)。元プログラマー。自然の中にいることが好き。趣味は写真撮影、旅行、食べ歩き。妻と二人でゆるーく暮らしてます。

-フリマアプリ
-,

© 2021 ゆるゆる福岡移住生活